投稿者「wpmaster」のアーカイブ

4月30日以降の逃去分蜂群5群

4月30日から今日(5月6日)までに逃去した分蜂群は5群あります。

48群

八朔の木に蜂球 4月30日11時52分撮影
八朔の木の近くにニホンミツバチ用の重箱を置く 4月30日15時34分撮影
翌日5月1日7時24分撮影
逃去 5月1日12時05分撮影

52群

11群から分蜂 5月4日9時54分撮影
東斜面下のフェンスに蜂球 5月4日10時31分撮影
逃去していた 5月5日6時56分撮影

53群

12群から分蜂 5月5日9時26分撮影
八朔の木に蜂球 5月5日9時28分撮影
逃去 5月5日11時42分撮影

54群

ヤマモモの木に蜂球 5月5日9時46分撮影
翌日の5月6日12時03分撮影
逃去していた 5月7日8時14分撮影

55群

ウルトララズベリー超大王に蜂球 5月5日14時00分撮影
翌日の5月6日6時56分撮影
逃去 5月6日11時47分撮影

2度目の自然入居 51群

5月2日に、初めて分蜂群の自然入居を観察したばかりでしたが、今日5月4日にも西洋ミツバチの自然入居がありました。
正午前、前回と同じ庭の西方の巣箱置き場に置いてあった重箱式の西洋ミツバチ用の巣箱に分蜂群が集まっていました。

5月4日11時52分撮影
11時54分撮影

巣門直下にもたくさんのハチがいました。よく見ると、働きバチの体色はどの個体も同じですが、雄バチの体色は大まかに言って2種類あるようです。

雄バチの体色は一様ではない 11時56分撮影

大部分のハチが重箱式の巣箱に入ったので、巣箱を池のほとりに移動しました。

巣箱を池のほとりに移動した

ところが、巣箱置き場に残っていたミツバチたちは、すぐ隣りにおいてあった縦長式の巣箱に集まるようになり、巣箱の前面をかなりの数の働きバチが飛び交うようになりました。そこで、捕虫網で飛んでいるハチを捕らえ、池のほとりの巣箱まで持っていって、放つと言うことを繰り返しました。しかし、なかなか巣箱置き場のミツバチが減りませんでした。そうこうしている時、捕虫網の中に女王バチが入っているのに気づきました。女王バチが巣箱の前面で飛んでいたことになります。なぜそのようなことになるのかは分かりませんでした。ですが、女王バチを池のほとりの巣箱の中に入れて以降は、巣箱置き場のミツバチが明らかに減っていきました。

捕虫網の中に入った女王バチ 13時35分撮影

ところで、自然入居した重箱式の巣箱には、滅亡した群が作った巣板がそのままぎっしりと詰まっています。新たに巣板を作る空間はほぼないと考えられますので、分蜂時に腹部に溜め込んだ蜜からミツロウを作る必要がないように思えます。運んできた蜜を巣房に貯めているのでしょうか。

この分蜂群は、前日の5月3日に分蜂して、幸水梨に蜂球を作っていました。今日になってもまだ飛び立っていなかったのですが、巣箱置き場に大量のミツバチがやって来た直前には、蜂球がなくなっていました。状況から考えて、自然入居したのはこの分蜂群です。ただ、この分蜂群がどの巣箱から出たのかは分かりません。

幸水梨の木に蜂球ができていた 5月3日14時32分撮影
今日の朝 5月4日7時59分撮影
蜂球がなくなっていた 11時51分撮影

この分蜂群を51群と名付けます。

50群を捕獲

5月2日、分蜂元は分かりませんが、東側のクリの木に蜂球ができていました。かなり大きな蜂球でしたので捕獲することにし、オリジナルの10枚巣箱に捕獲しました。

東側のクリの木にできた蜂球 5月2日13時06分撮影
オリジナルの10枚巣箱に強制捕獲した 16時09分撮影

巣箱は、6群の南横に置きました。

この分蜂群を50群と名付けます。

初めての自然入居 49群

庭の西方に西洋ミツバチやニホンミツバチ用の空き巣箱を置いています。その空き箱を訪れるミツバチがいましたが、何かを得るために出入りしているようでした。
ところが、5月1日、その空き巣箱置き場から、ミツバチの羽ばたく大きな音が聞こえてきました。見ると、大群がオリジナルの10枚巣箱周辺に群がっていました。

5月2日13時03分撮影
巣門直下でも群れている 13時13分撮影

しばらくして巣門直下を見ると、死んでいる働きバチがいました。

13時34分撮影

オリジナル10枚巣箱に入居し始めて、恐らく1時間半ほど過ぎた頃に見に行くと、ほとんどの働きバチが巣箱の中に入っているようでした。ただ、巣門直下にはかなりの数の働きバチが残っていて、死んでいるか、死にかけていました。

14時30分撮影

どうやら戦いがあったようです。スモン直下に働きバチが多数いたのは、戦っていたからなのでしょう。恐らく、分蜂群がやって来る以前から、この巣箱に出入りしていたミツバチがいて、そのミツバチを分蜂群が追い払ったのでしょう。
この自然入居した分蜂群が入った巣箱は、元4群を設置していた場所に置きました。この分蜂群を49群と名付けます。

元4群の巣箱を置いていた場所

ところでこの49群はどこからやって来たのでしょうか。前日の1日の早朝に、清水白桃に蜂球があることに気づき、2日の午前中もまだ留まっていた分蜂群がありました。この自然入居に気づいた時、その分蜂群の蜂球がなくなっていましたし、分蜂群の規模から考えても、清水白桃に蜂球を作っていた分蜂群に違いないように思えます。

清水白桃に蜂球ができていた 5月1日7時24分撮影

47群を捕獲

4月30日に12群から分蜂がありました。二十世紀梨に蜂球を作りました。

中央が分蜂元の12群の巣箱 4月30日11時22分撮影
二十世紀梨に蜂球を作り始めた 11時30分撮影

これまでは、蜂球を巣箱の中に入れて、強制的に捕獲していましたが、今回は、巣箱に自然に入るかどうか試してみることにしました。市販の10枚巣箱を蜂球の直ぐ傍に置き、分蜂元の巣箱から蜜巣枠を1枚取り出し、新しい巣礎枠2枚と一緒に巣箱に入れました。

蜜巣枠と巣礎枠を入れる 15時11分撮影
自然入居を期待して 15時13分撮影

しばらくすると、働きバチが巣箱を出入りするようになりました。

15時33分撮影

しかし、翌日になっても巣箱の中に入っていませんでした。

5月1日7時23分撮影

そこで、逃去のリスクを避けるため、強制捕獲しました。巣箱は、南斜面の下に置きました。

この分蜂群を47群と名付けます。

「赤い屋根の巣箱」の中の様子 4月27日

「赤い屋根の巣箱」を3こ設置しています。それぞれ分蜂群を収容したのは、「A」(44群)が4月20日、「B」(45群)が4月21日、「C」(46群)が4月23日です。
4月20日から1週間後の27日の巣箱の中を見ると、巣板が見えました。「A」は巣箱の縦の長さの3分の2程度、「B」と「C」は3分の1から半分ほどの長さまで、天井板から巣板が伸びてきていました。

巣箱「A」
巣箱「B」
巣箱「C」

王台除去直後に分蜂 そして合同

時機を逸した感がありましたが、4月25日、5群と6群の王台と王椀を除去し、分蜂を防ぐことにしました。
この2つの群は、自家製の10枚巣箱で飼育していて、この巣箱用に継箱を2つ作っていました。これまでも、この継箱を使ったことがありますが、継箱の巣枠では採蜜ができていませんでした。分蜂させたのがその原因と考えています。
5群と6群ともに、王台はいずれもまだ羽化していない状態でした。

6群から除去した王台

これで分蜂を防げると一安心していたのですが、間もなく6群の様子が少しおかしいことに気づきました。かなりの数の働きバチが巣門から出て来ていました。それからしばらくして、11時過ぎ、分蜂が始まってしまいました。元々、今日、分蜂が起こる日だったのかも知れません。

分蜂が始まった 4月25日11時03分撮影

44群が蜂球を作った全く同じ場所(ムベの木がある網状のフェンス)に蜂球を作り始めました。

蜂球を作り始めた頃 11時17分撮影
蜂球が安定している 13時16分撮影

6群を分蜂させないつもりだったのですから、この分蜂群をどう扱うか迷いました。これまで通り、この分蜂群を独立させることはできますが、そうすると、元の6群の王台を全て除去してしまっているのですから、6群は卵から女王バチを育て直さなくてはならなくなります。しかし、自然界では、このような条件(王台がない状態で分蜂する)は存在していないわけですから、本能が対応できるかについての知見が私にはありません。
しかし、そもそも分蜂させてしまうと、継箱での採蜜ができなくなるのですから、分蜂がなかったことにするのが良いのです。それには、分蜂群を元の巣箱に戻すことです。
そんなことができるのでしょうか。できたとして、元の群と分蜂群の間で死闘が起きないのでしょうか。

6群の巣箱と全く同じ自家製の10枚巣箱を用意しました。その巣箱の中に、今朝、6群の継箱に入れた4枚の巣枠を全て取り出して入れました。

写真撮影のために巣枠の間隔を広げている この後片方に詰めた 13時18分撮影

そして、この巣箱を蜂球の直ぐ近くに置き、分蜂群を半数程捕獲しました。

女王バチが捕獲できているか分からない 13時23分撮影
網状のフェンスのため、手前半数を捕獲した 13時23分撮影

しかし、その半数の中に女王バチが入っていたようで、やがて巣箱の巣門に多数の働きバチが集まるようになり、働きバチが巣門から中に入っていきました。

13時29分撮影

15時過ぎ、ほとんどの働きバチが巣箱に入ったので、巣箱を6群を置いている場所に運びました。6群巣箱を巣箱台から外し、分蜂群巣箱を巣箱台に載せました。それから、6群巣箱の巣枠を何枚か分蜂群巣箱に入れ、継箱を載せて、残りの6群巣箱の巣枠を継箱に全て移動しました。蓋をして、これで分蜂群と6群の合同が完了です。

巣箱台に立て掛けているのは6群巣箱の底板 15時19分撮影

心配ごとは杞憂でした。6群と分蜂群は争うことなく、1つの群れに戻ったようです。

11群からの分蜂 46群

4月23日の13時過ぎ、11群から分蜂が始まっていました。

ニホンミツバチ用の巣箱で飼育している11群から分蜂 4月23日13時5分撮影
巣門前の様子 13時9分撮影

分蜂群はアキグミの木に集まりました。

13時17分撮影
13時24分撮影

「赤い屋根の巣箱」の「C」に捕獲しました。

「赤い屋根の巣箱」の「C」に捕獲 14時19分撮影

その後、「C」を巣箱台まで運びました。この群を46群と名付けます。これで、用意していた3個の「赤い屋根の巣箱」の全てが巣箱台に並びました。

「赤い屋根の巣箱」 奥から「A」44群・「B」45群・「C」46群

27群の出戻りと分蜂 45群

4月20日、13時過ぎ、どこかの群から分蜂が始まっていました。

どこかの群が分蜂を始めたようだ 4月20日13時16分撮影

飼育群を見て回ると、27群から分蜂したみたいでした。27群は貸与した先で4月11日に分蜂しています。だとすると今回が2度目と言うことになります。

27群 市販の巣箱で飼育している 13時20分撮影
巣門の前の様子 巣門の下に多数の働きバチが落ちているのは分蜂した証だ 13時25分撮影

ところが、しばらくすると分蜂群は蜂球を作ることなく、27群箱に戻っていきました。

翌日の21日の10時過ぎ、今日もどこかの群から分蜂していました。分蜂元を探すと、昨日の27群でした。

分蜂元の27群 10時10分撮影

ヤマモモの木に蜂球を作りました。

ヤマモモの木に蜂球ができた 11時30分撮影

捕獲しやすい場所です。「赤い屋根の巣箱」の「B」に捕獲しました。

捕獲後の「赤い屋根の巣箱」の「B」の様子 11時41分撮影

この群を45群と名付けます。

分蜂元不明の分蜂群 44群

4月20日の11時頃、気づくと分蜂が始まっていました。9つある巣箱の全部を見て回りましたが、分蜂元らしい群は分かりませんでした。

ムベの木に集まりかけている 4月20日11時09分撮影

網状のフェンスを挟んで蜂球ができましたので、捕獲し難い状態でした。そこで、何回か捕獲を繰り返しました。
巣箱は、「赤い屋根の巣箱」の「A」を使いました。

幾度か巣箱の中に捕獲群入れたが、巣箱の裏面に多数集まるようになった 12時42分撮影 
巣板用のすのこに被せる板を少しずらして、巣箱の中に入れるようにしている 12時42分撮影
本体を少しずらして、底箱と本体との間にも隙間を設けた 多数が巣箱の中に入っていった 12時45分撮影

底箱と本体との隙間から、多数のハチが巣箱の中に入っていったのですが、それでも巣箱の外に多数のハチが残っていました。底箱の下には塊ができていましたので、小さいコンテナーですくうように捕獲し、巣門側に放ちました。すると、その塊の中から女王バチが出て来ました。女王バチは間もなく、巣箱の中へと入って行きました。
巣箱の裏面に多数の働きバチが集まったり、底箱の下に塊があったのは、女王バチが巣箱の裏面にいたからなのでしょう。
ただ、捕獲群は全て巣箱の中に入れたので、幾度か捕獲した群れの中には女王バチはいなかったことになります。女王バチが、後から巣箱の裏面に飛んできたのでしょうか。

この分蜂群を44群と名付けます。

分蜂群の43群 逃去したのでは

12群が分蜂し始め、出戻った同じ日、4月19日、17群が分蜂していました。但し、小規模で巣箱前のフェンスの基礎になっているコンクリートブロックの穴の中に集まっているようでした。

17群の巣箱 簡易的な巣箱だ 4月19日12時24分撮影
巣箱前のフェンスの基礎になっているコンクリートブロックの穴の中に入っているようだ 12時27分撮影

この分蜂群を43群と名付けます。43群は捕獲しないでそのままにしておきました。翌日にはいなくなっていました。逃去したのではないかと思います。

12群からの分蜂 出戻り

4月19日の正午前、分蜂が始まっていました。二十世紀梨の枝に集まってきていました。

二十世紀梨の枝に集まってきていた 4月19日11時48分撮影

ところが、その集まりがなくなり始め、12群の巣箱の前面にたくさんの働きバチが集まっていました。

12時4分撮影

それから20分後、分蜂は取り消されていました。

12時24分撮影

水飲み場

芽出し用のポリポットにセイヨウミツバチがよく来るようになっていました。水を求めてのようです。

芽出し用のポリポットにやって来たセイヨウミツバチ

そこで、鉢に砕石を入れて、水飲み場を作りました。

幾日が経った頃、セイヨウミツバチが1匹ですが来ていました。

4月19日9時39分撮影

重箱式・縦長式の巣箱にもアピバールを投薬

現時点で、セイヨウミツバチを9群飼育していますが、その内の5群は巣枠式の巣箱です。その5群については、既にアピバールを投薬しています。残りの4群の内、2群は重箱式の巣箱で、後の2群は縦長式の巣箱です。重箱式・縦長式の巣箱の蓋の下には簀の子状の天敷があるのですが、縦長式の巣箱の1つには天敷がなく、営巣スペースの上方が直接蓋になっています。
これまで、天敷の簀の子状の隙間から、アピバールのような札状のものが差し込めるか試したことがなかったのですが、4月9日、試してみると3群共に容易に差し込むことができました。

天敷の簀の子状の隙間からアピバールを差し込んだ

天敷のない縦長式の巣箱の場合は、底箱の上に置きました。

翅が縮れた働きバチ

翅が縮れた働きバチが巣箱近くの地面を歩いていました。

ヘギイタダニが胸部に付いている 3月25日撮影
3月29日撮影

3月8日にアピバールを投薬しています。ただ、巣枠式で飼育している5つの群のみになります。後の4つの群は、重箱式と縦長式の飼育箱ですので、アピバールを投薬していません。

越冬越えの9つの群

昨年の11月25日以降に崩壊した群は、12群あります。他方、崩壊を免れた群は10群です。その内1群は譲渡しましたので、3月16日時点では9群を自宅で飼育しています。

左が5群 右が6群
左から 26群 17群 10群 27群 8群 12群
11群

上記の内、8群は崩壊寸前です。これから増勢できれば良いのですが。

越冬できなかった6つの群

この冬に崩壊した群(4群13群・21群・9群33群2群)について、既に4度に渡って記してきました。しかし、他にも崩壊している群がありそのままにしていたのですが、3月10日、越冬期間が終わったと考えて、崩壊した群の巣箱を全て片づけることにしました。

18群(5月3日小規模分蜂)
18群
19群(5月4日大規模分蜂) 女王バチの死体も見える
19群 とてもたくさんの王台の跡がある
20群(5月6日中規模分蜂)
20群
22群(5月25日中規模分蜂)
22群
28群(6月10日大規模分蜂)
28群
32群(6月22日大規模分蜂)
32群

どの巣箱の中にも、蜜は残っていませんでした。蜜切れによる冷死だったのではないかと思います。
いずれの群も、今年の分蜂でできた群です。分蜂後、人間による採蜜はしていませんから、働きバチによる集蜜量が少なかったことになります。秋口に給餌をしておけば、崩壊を防げたのかも知れません。

もう子育てが始まっていた

昨日、27群をスペア巣箱に入れ替えた際に気づいていたのですが、今日(3月9日)は6群でも既に子育てが始まっていることを確かめました。

蛹が入っている巣房が多数ある 3月9日撮影

卵と幼虫の期間は合わせて9日間、蛹の期間は12日間とすれば、女王バチが産卵を始めたのは、10日前から22日ほど前になります。日にちで言えば、2月28日以前の2月16日までの間となります(但し、まだ羽化した働きバチがいないと仮定して)。