分蜂」カテゴリーアーカイブ

結婚飛行を了えてなくても分蜂?

今朝、49群の王台を全て除去したつもりでいましたが、巣脾を一枠見落としていました。その巣脾にも複数の王台があり、幸運にも女王バチが王台から羽化するところを見ることができました。

女王バチが出かけている 7月9日16時15分撮影
巣房から女王バチが出て来た 16時18分撮影
この女王バチは上記の女王バチとは別個体 既に何匹か女王バチが生まれている可能性がある 16時19分撮影
同じ巣枠の別の箇所の王台の様子 ここでも羽化が始まっていた 16時21分撮影

昨日「分蜂騒ぎ」があったため、今朝、1匹の女王バチを確認後王台を除去したのですが、見過ごしの王台があったため、15時半頃からの分蜂時にまでに複数の女王バチが誕生していた可能性が出てきました。分蜂が起こったのはそのためだったのかも知れません。
振り返ってみると、49群は今の巣箱に5月2日に自然入居した群で、6月28日に49群の女王バチが63群となって分蜂しました。そこで、6月28日以降、新女王バチが羽化したと考えられますが、7月6日には次の分蜂があったのですから、6月28日以降に羽化した女王バチが7月6日に出て行ったことになります(64群)。この女王バチは僅かに最大8日間49群の巣箱にいたことになります。この間に結婚飛行を済ましたのでしょうか。そして、7月6日の僅か3日後の7月9日、この最大4日間に羽化した新女王バチが、分蜂して巣箱を出て行ったことになります(65群)。この経過から考えると、新女王バチは必ずしも結婚飛行を了えてなくても、分蜂するのではないかと考えられます。

女王バチの蛹

ところで、女王バチの蛹は翅が伸びてはいませんが、上の2つ目の写真を見ると、女王バチが王台から出てくる時には、既に翅が伸びていることが分かりました。これは、アシナガバチでも同じことですが、同じ膜翅目で言えば、クロオオアリの女王アリの羽化とは違っています。クロオオアリの女王アリの場合は、蛹は繭の中に入っているのですが、羽化する際には、働きアリが繭を破り、女王アリを繭から出して、働きアリが体を覆う薄い膜を取り除き、それから翅が伸び始めます。

49群から三度分蜂 65群

今朝、分蜂防止のために、王台を全て除去したばかりでしたが、分蜂が始まってしまいました。
分蜂に気づくのが少し遅くなりましたが、分蜂防止器を取り付けると、分蜂防止器の中に女王バチがいるのを見つけました。

写真中央に女王バチ 頭部だけが隙間から出ている 7月9日15時36分撮影

これで分蜂が収まると思ったのですが、隣家の木に蜂球ができ始めていました。

15時40分撮影

しばらくして、分蜂防止器に女王バチがいないように見え、分蜂防止器を外して確かめると、やはり女王バチはいませんでした。その後、蜂球は崩壊しませんでしたので、蜂球には女王バチがいることになります。逃去防止器の中で見た女王バチは、いったい何処へ行ったのでしょうか。

この分蜂群を65群と名付けます。

49群から三度分蜂 !? しかし収拾

先日の7月6日に分蜂があったばかりですが、7月8日、49群が三度分蜂を始めました。直ぐに逃去防止器を付けました。

分蜂を始めていることに気づいた 7月8日16時59分撮影
17時01分撮影
17時05分撮影

蜂球を作った場所は、先日の6日と同じ場所のナツグミの木でした。

蜂球ができ始めていた 17時9分撮影

ところが、蜂球の様子がいつもとは違っていました。蜂球の蜂たちの落ち着きがないのです。

しばらく経っても蜂球の蜂も落ち着きがなく動き回っている 17時27分撮影

巣門では、呼び寄せ活動が始まっていました。

呼び寄せ活動が始まっている 17時29分撮影

その後の様子です。

呼び寄せ活動をする蜂が増えている 17時37分撮影
蜂球の様子 蜂が少し少なくなっている 17時41分撮影
17時44分撮影
巣箱上空に蜂が戻ってきている 17時47分撮影
17時47分撮影
17時51分撮影
蜂が僅かしか残っていない 17時52分撮影
17時53分撮影
蜂はほぼいないと言える 17時56分撮影
蜂球があった真下の様子 女王バチの死体などない 17時57分撮影 
巣門周辺の蜂が少なくなってきた 18時0分撮影

この分蜂は、出戻りになりました。前回の分蜂から僅かに2日後に分蜂しようとしたことと、17時頃から分蜂が始まったことの2点が、これまでに例がないことでした。
逃去防止器を取り付けはしたものの、そもそも女王バチが巣箱の中にいなかった(まだ生まれていなかった)のではないかと思います。

49群から再び分蜂 64群

49群はつい先日(6月28日)分蜂したばかりでしたが、今日(7月6日)再び分蜂しました。
今回も分蜂の初期に気づいたので、前回よりより早く逃去防止器を取り付けたのですが、女王バチを捕らえることはできませんでした。

逃去防止器を急遽取り付けた 7月6日8時59分撮影
空中を多くのハチが舞っている 9時0分撮影
庭のナツグミの木に蜂球ができた 9時10分撮影

この分蜂群は、翌日の9時頃、逃去しました。

逃去直後に撮影 7月7日9時3分撮影

この分蜂群を64群と名付けます。

赤い屋根の巣箱Bが分蜂していた

7月1日、赤い屋根の巣箱B(45群)の巣門を出入りする働きバチの数が少ないように感じました。そこで、背面の観察窓を開けて巣箱の中を見ると、働きバチの密度がつい先日と比べて明らかに低くなっていました。いつの間にか分蜂していたのでしょう。

7月1日11時43分撮影

巣板の下部にはいくつも王台がありました。

いくつもあった王台の1つ 11時48分撮影

ところで朝方、分蜂群が逃去しているところを見かけました。逃去に気づくのが遅く、何処に蜂球があったのか見当がつきませんでしたが、空に舞う群れの個体数はかなり多く感じました。確言はできませんが、この逃去の群れが巣箱Bから分蜂(直近で前日)していた群れだったのかも知れません。

空を舞う逃去群 7月1日9時25分撮影

49群からの分蜂 63群

6月28日、49群からの分蜂が始まりました。分蜂の初期に気づきましたので、巣門で女王バチを捕らえることができるかもしれないと思い、逃去防止器を急遽取り付けたのですが、既に遅かったようです。分蜂されてしまいました。ただ、分蜂する働きバチの数を少し少なくできたかも知れません。

急遽逃去防止器を取り付けた 6月28日8時44分撮影 
もうかなりの数の働きバチが空を舞っていた 8時45分撮影
飛び立った仲間を呼び寄せる行動も見られた 8時54分撮影
隣家の木に蜂球を作った 9時32分撮影

この分蜂群は次の日の10時過ぎには逃去していました。
この分蜂群を63群と名付けます。

分蜂元不明 62群

6月13日にビックリグミの木に蜂球ができているのを見つけました。分蜂元は分かりませんでした。

6月13日14時19分撮影

6月16日になって、この蜂球が逃去する「瞬間」を目前で見ることができました。以下の写真は、逃去に気づいてから蜂球がなくなるまでの僅かに26秒間の10枚の記録です。

6月16日15時13分31秒撮影
15時13分36秒撮影
15時13分43秒撮影
15時13分45秒撮影
15時13分46秒撮影
15時13分48秒撮影
15時13分50秒撮影
15時13分52秒撮影
15時13分53秒撮影
15時13分57秒撮影

そして空を見ると、ミツバチがたくさん舞っていました。

15時14分35秒撮影

この分蜂群を62群と名付けます。

分蜂蜂球に巣板ができていた 59群

5月29日にヤマモモの木にとても小規模な蜂球ができているのに気づきましたが、捕獲せずにそのままにしておきました。
この分蜂群は長い間逃去しないでいたのですが、今日(6月15日)見ると、枝に巣板ができていました。

6月15日10時45分撮影

赤い屋根の巣箱Cからの2度目の分蜂 61群

5月31日に赤い屋根の巣箱Cから分蜂があったばかりでしたが、それから9日後の6月9日、再度分蜂がありました。
分蜂に気づくのが少し遅かったのですが、昨日赤い屋根の巣箱Aで使い始めていた分蜂防止器を巣箱Cの巣門に急遽取り付けました。しかし、やはり取り付けるのが遅かったようで、女王バチは捕らえられませんでした。

逃去防止器を外したところ 女王バチは既に飛び立っていたようだ 6月9日10時2分撮影
分蜂中の様子 10時3分撮影

蜂球を作る場所がかなりの時間定まらなかったようです。それから20分ほどして、梅露茜の枝に蜂球を作り始めました。

10時22分撮影

翌日(6月10日)の夕刻になっても、まだ蜂球のまま留まっていましたが、12日に気付くと逃去していました。

逃去していた 6月12日13時5分撮影

蜂球を作っていた箇所を見ると、蜜蝋が付いていました。

蜂球を作っていた箇所には蜜蝋が付いていた 13時5分撮影

この分蜂群を61群と名付けます。

分蜂防止の試み

先日(5月31日)、赤い屋根の巣箱Cから分蜂があったのですが、赤い屋根の巣箱Aでも分蜂が起こりそうになっていました。そこで、6月8日、強制的にも何とか分蜂を防ぐための工夫をしてみようと思いました。
市販されているニホンミツバチ用の逃去防止器を3個持っていましたので、これを使うことにしました。
ニホンミツバチ用ではありますが、西洋ミツバチの働きバチも出入りできることが分かりました。ただ、くぐり抜けるのがやっとと言う感じでしたので、少し上下幅を広げることにしました。方法としては、高さを斜め切りにした角棒を差し込んで、上下幅を広げます。

6月8日11時54分撮影

こうすることで、通り抜けのしやすさがかなり改善しました。
ただ、雄バチは通り抜けができませんので、分蜂が良く起こる午前中のみ設置することにしました。

赤い屋根の巣箱Cから分蜂 60群

5月25日に、分蜂を避けるためと採蜜のために採蜜箱を設置していたのですが、5月31日に赤い屋根の巣箱「C」の46群が分蜂してしまいました。

巣箱から出て行く分蜂が、ほぼ終わった頃の巣箱Cの様子 5月31日9時49分撮影
庭の上空を舞う分蜂群 9時49分撮影

ところが、分蜂群は庭に蜂球を作りませんでした。自宅周辺の木々を見ても蜂球は見当たりませんでした。
分蜂後は、巣箱Cの巣門前の着地台の裏に、蜂球ができなくなりました。

一番奥が巣箱C 巣門前の着地台の裏に蜂球がない 5月31日14時48分撮影
2日前の5月29日の巣箱Cの様子 16時46分撮影

この分蜂群を60群と名付けます。

分蜂元不明 とても小規模 59群

5月29日に気付いたのですが、ヤマモモの木にとても小規模な蜂球ができていました。あまりにも小さな蜂球だったため、長い間気づかなかったのかも知れません。

ヤマモモの木の蜂球 5月29日9時38分撮影

分蜂元は分かりません。捕獲しないで、そのままにしておきます。
この分蜂群を59群と名付けます。

分蜂元不明 富有柿に蜂球 58群

5月11日、夕刻気づくと富有柿に蜂球ができていました。いつ分蜂したのか、どの群からの分蜂だったのかは分かりません。翌日の12日も蜂球のまま留まっていました。

富有柿の木に蜂球 5月11日16時59分撮影
5月12日7時31分撮影

この分蜂群を58群と名付けます。

6群からの分蜂 57群

6群は分蜂しないように手だてを講じてきました(「王台除去直後に分蜂 そして合同」)。
5月10日、10時前、巣門周辺のミツバチの数が、この時間帯としてはいつもより多いように感じていました。それが、分蜂の前兆だったのです。しばらくして分蜂が始まってしまいました。

分蜂の前兆だった 5月10日9時58分撮影
分蜂が始まったようだ 巣門下の芝生に多数のミツバチが落ちている 10時16分撮影

分蜂群は、庭の東方面へと進んで行きました。そして、庭を越えて、林の中で蜂球を作り始めました。

分蜂群は庭を東方面へと進む 10時23分撮影
10時31分撮影
林の中で蜂球を作り始めた 10時38分撮影
10時45分撮影
蜂球は安定していた 12時18分撮影

その2日後の5月12日も、まだ林から逃去せず、蜂球のままでした。
そもそも6群を分蜂させたくなかったこと、また分蜂群がとても大きかったこともあって、この分蜂群を捕獲したかったのですが、林の中の高い木に蜂球を作ったので、捕獲を諦めざるをえませんでした。

26群からの分蜂 56群

5月8日13時前、26群から分蜂が始まっていました。

南斜面下に置いている26群から分蜂が始まっていた 5月8日12時52分撮影
巣門の前 13時3分撮影
観察窓から見た分蜂中の巣箱の中 たくさんのミツバチが活発に動き回っている 13時4分撮影

分蜂したミツバチたちは、近くのムベの木を誘引しているフェンスの支柱に集まりかけていましたが、しばらくすると、そこから離れた場所にある八朔の木に集まり始めました。

フェンスの支柱に集まりかけていた 13時9分撮影
しばらくして八朔の木に集まり始めた 13時47分撮影
八朔の木に蜂球ができ始めた 13時58分撮影

その後4日経った5月12日も八朔の木に蜂球を作ったままで留まっていました。

3度目の自然入居 54群?

5月10日、庭の西方の空き巣箱置き場で、巣箱を出入りしているミツバチに気づきました。

空き巣箱を出入りしている 5月10日10時00分撮影

しばらく観察していると、後脚に花粉を付けて巣箱に入って行くミツバチがいることが分かりました。この巣箱に棲みついているようです。

花粉を後脚につけて巣門を潜るミツバチ 10時1分撮影

この巣箱は、元8群の巣箱です。3月16日のブログ「越冬越えの9つの群」の中の1つですが、後にコロニーが崩壊していました。この巣箱の中には、オリジナルの巣枠の巣が入っていて、崩壊後もそのままにしていました。新入居者は、その既製の巣脾をそのまま利用していました。

巣枠の巣 空きスペースの巣板は元8群が作ったもの 10時10分撮影
観察窓から見たところ 10時13分撮影

この新入居者は、5月5日にヤマモモの木に蜂球を作っていた54群ではないかと思っています。54群はそれほど大きな蜂球ではなかったこと、5月7日にヤマモモの木からいなくなったこと、その前後に分蜂した53群と55群は、逃去の場面を目撃していることから、54群のように思います。
5月7日に自然入居したとすれば、今日(10日)で3日経ったことになりますので、庭の他の場所へ巣箱を移動させることは諦めました。空き巣箱置き場にそのまま置いておきました。

庭の西方の空き巣箱置き場 中央が新入居者の巣箱

4月30日以降の逃去分蜂群5群

4月30日から今日(5月6日)までに逃去した分蜂群は5群あります。

48群

八朔の木に蜂球 4月30日11時52分撮影
八朔の木の近くにニホンミツバチ用の重箱を置く 4月30日15時34分撮影
翌日5月1日7時24分撮影
逃去 5月1日12時05分撮影

52群

11群から分蜂 5月4日9時54分撮影
東斜面下のフェンスに蜂球 5月4日10時31分撮影
逃去していた 5月5日6時56分撮影

53群

12群から分蜂 5月5日9時26分撮影
八朔の木に蜂球 5月5日9時28分撮影
逃去 5月5日11時42分撮影

54群

ヤマモモの木に蜂球 5月5日9時46分撮影
翌日の5月6日12時03分撮影
逃去していた 5月7日8時14分撮影

55群

ウルトララズベリー超大王に蜂球 5月5日14時00分撮影
翌日の5月6日6時56分撮影
逃去 5月6日11時47分撮影

2度目の自然入居 51群

5月2日に、初めて分蜂群の自然入居を観察したばかりでしたが、今日5月4日にも西洋ミツバチの自然入居がありました。
正午前、前回と同じ庭の西方の巣箱置き場に置いてあった重箱式の西洋ミツバチ用の巣箱に分蜂群が集まっていました。

5月4日11時52分撮影
11時54分撮影

巣門直下にもたくさんのハチがいました。よく見ると、働きバチの体色はどの個体も同じですが、雄バチの体色は大まかに言って2種類あるようです。

雄バチの体色は一様ではない 11時56分撮影

大部分のハチが重箱式の巣箱に入ったので、巣箱を池のほとりに移動しました。

巣箱を池のほとりに移動した

ところが、巣箱置き場に残っていたミツバチたちは、すぐ隣りにおいてあった縦長式の巣箱に集まるようになり、巣箱の前面をかなりの数の働きバチが飛び交うようになりました。そこで、捕虫網で飛んでいるハチを捕らえ、池のほとりの巣箱まで持っていって、放つと言うことを繰り返しました。しかし、なかなか巣箱置き場のミツバチが減りませんでした。そうこうしている時、捕虫網の中に女王バチが入っているのに気づきました。女王バチが巣箱の前面で飛んでいたことになります。なぜそのようなことになるのかは分かりませんでした。ですが、女王バチを池のほとりの巣箱の中に入れて以降は、巣箱置き場のミツバチが明らかに減っていきました。

捕虫網の中に入った女王バチ 13時35分撮影

ところで、自然入居した重箱式の巣箱には、滅亡した群が作った巣板がそのままぎっしりと詰まっています。新たに巣板を作る空間はほぼないと考えられますので、分蜂時に腹部に溜め込んだ蜜からミツロウを作る必要がないように思えます。運んできた蜜を巣房に貯めているのでしょうか。

この分蜂群は、前日の5月3日に分蜂して、幸水梨に蜂球を作っていました。今日になってもまだ飛び立っていなかったのですが、巣箱置き場に大量のミツバチがやって来た直前には、蜂球がなくなっていました。状況から考えて、自然入居したのはこの分蜂群です。ただ、この分蜂群がどの巣箱から出たのかは分かりません。

幸水梨の木に蜂球ができていた 5月3日14時32分撮影
今日の朝 5月4日7時59分撮影
蜂球がなくなっていた 11時51分撮影

この分蜂群を51群と名付けます。