49群から三度分蜂 !? しかし収拾

先日の7月6日に分蜂があったばかりですが、7月8日、49群が三度分蜂を始めました。直ぐに逃去防止器を付けました。

分蜂を始めていることに気づいた 7月8日16時59分撮影
17時01分撮影
17時05分撮影

蜂球を作った場所は、先日の6日と同じ場所のナツグミの木でした。

蜂球ができ始めていた 17時9分撮影

ところが、蜂球の様子がいつもとは違っていました。蜂球の蜂たちの落ち着きがないのです。

しばらく経っても蜂球の蜂も落ち着きがなく動き回っている 17時27分撮影

巣門では、呼び寄せ活動が始まっていました。

呼び寄せ活動が始まっている 17時29分撮影

その後の様子です。

呼び寄せ活動をする蜂が増えている 17時37分撮影
蜂球の様子 蜂が少し少なくなっている 17時41分撮影
17時44分撮影
巣箱上空に蜂が戻ってきている 17時47分撮影
17時47分撮影
17時51分撮影
蜂が僅かしか残っていない 17時52分撮影
17時53分撮影
蜂はほぼいないと言える 17時56分撮影
蜂球があった真下の様子 女王バチの死体などない 17時57分撮影 
巣門周辺の蜂が少なくなってきた 18時0分撮影

この分蜂は、出戻りになりました。前回の分蜂から僅かに2日後に分蜂しようとしたことと、17時頃から分蜂が始まったことの2点が、これまでに例がないことでした。
逃去防止器を取り付けはしたものの、そもそも女王バチが巣箱の中にいなかった(まだ生まれていなかった)のではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。