分蜂 30群 蜂球のまま日を越してから飛翔

6月14日に25回目の分蜂がありました。「30群」と名付けます。この30群の分蜂元は不明です。ムベ横のフェンスに蜂球を作りました。小規模な分蜂でした。
ところで、昨年からの3つの群を含め、もう既に20個の群を保有しています。「セイヨウミツバチの自然養蜂」の形を模索してきたのですが、ほぼ検証が出来るようになってきました。自作してきた巣箱ももう作らなくても良いようです。
そこで、もうこれ以上分蜂群を捕獲しないことにしました。そして、分蜂群をそのままにしておいて、その後の様子を観察することにしました。

30群 ムベ横のフェンスに蜂球 6月14日11時31分撮影
翌日の早朝の様子 6時35分撮影
蜂球がなくなっていた 9時59分撮影

日を越しての飛翔でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です