分蜂 35群から38群

前回の29回目の分蜂(7月2日)の後、7月13日までに4回分蜂がありました。

群名  分蜂日  分蜂元  蜂球を作った場所・規模   逃去日
35群  7月 3日  21群   アキグミ   大規模   7月6日昼頃逃去
36群  7月 10日  19群  ヤマモモの横のフェンス 中規模  7月13日昼頃逃去
37群  7月 13日  不明  ヤマモモ雄木  小規模  7月17日午前逃去
38群  7月13日  不明   ビックリグミ 大規模   7月14日午後逃去

分蜂してから逃去するまでの日数が長くなっています。37群は5日かかっていて、35群と36群は4日かかっています。それ以前に逃去したセイヨウミツバチの群が9群あり、ニホンミツバチは5群ありました。このことで、近辺に適した営巣場所が少なくなってきているのかも知れません。

35群 21群から飛び出す分蜂群 7月3日9時4分撮影
35群 アキグミに蜂球を作り始めた 9時10分撮影
35群 蜂球 11時7分撮影 4日後の7月6日昼頃逃去した
36群 分蜂元の19群 7月10日8時27分撮影
36群 分蜂群は既に巣箱から出てしまったようだ 残された働きバチの数が少ない 8時28分撮影
36群 ヤマモモの横のフェンスに蜂球を作り始めた 8時36分撮影
36群 9時33分撮影
36群 7月13日の様子 蜂球ができて4日が経っている 8時28分撮影 この日昼頃逃去した
37群 ヤマモモの雄木に蜂球 右上の蜂球は36群 7月13日8時48分撮影
37群 分蜂して5日目の7月17日午前、逃去して行った 7月17日10時7分撮影
38群 空を舞う 7月13日8時27分撮影
38群 ビックリグミに蜂球 8時45分撮影
38群 7月14日10時41分撮影 この後午後に逃去 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です