3度目の自然入居 54群?

5月10日、庭の西方の空き巣箱置き場で、巣箱を出入りしているミツバチに気づきました。

空き巣箱を出入りしている 5月10日10時00分撮影

しばらく観察していると、後脚に花粉を付けて巣箱に入って行くミツバチがいることが分かりました。この巣箱に棲みついているようです。

花粉を後脚につけて巣門を潜るミツバチ 10時1分撮影

この巣箱は、元8群の巣箱です。3月16日のブログ「越冬越えの9つの群」の中の1つですが、後にコロニーが崩壊していました。この巣箱の中には、オリジナルの巣枠の巣が入っていて、崩壊後もそのままにしていました。新入居者は、その既製の巣脾をそのまま利用していました。

巣枠の巣 空きスペースの巣板は元8群が作ったもの 10時10分撮影
観察窓から見たところ 10時13分撮影

この新入居者は、5月5日にヤマモモの木に蜂球を作っていた54群ではないかと思っています。54群はそれほど大きな蜂球ではなかったこと、5月7日にヤマモモの木からいなくなったこと、その前後に分蜂した53群と55群は、逃去の場面を目撃していることから、54群のように思います。
5月7日に自然入居したとすれば、今日(10日)で3日経ったことになりますので、庭の他の場所へ巣箱を移動させることは諦めました。空き巣箱置き場にそのまま置いておきました。

庭の西方の空き巣箱置き場 中央が新入居者の巣箱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。